Facebookをビジネスに使う本 - 副業で情報商材やアフィリエイトなどで稼ぐための~サラリーマンオヤジ日記~

Edit

Facebookをビジネスに使う本


Facebookには二つの顔がある。プロフィールページを中心とした個人の顔、ファンページを中心とした法人の顔だ。本書はその中でも、法人の顔”ファンページ”を題材に、ビジネス利用に特化した貴重な一冊。

Facebookには二つの顔がある。プロフィールページを中心とした個人の顔、ファンページを中心とした法人の顔だ。本書はその中でも、法人の顔”ファンページ”を題材に、ビジネス利用に特化した貴重な一冊。考えてみれば、ファンページの存在こそが、Facebookをユニークたらしめている大きな要因ではないだろうか。そして、こういう角度からFacebookを眺めると、mixiではなく楽天市場あたりが競合のように思えてくるから、Facebookは実に奥が深い。





yahoo



本書の最大の特長は、ファンページの作り方にとどまらず、「作った後の運用面に、とことんこだわっている」という点である。このあたりは、Facebookで実際にビジネスを実践してきた、熊坂氏ならではの強みが如何なく発揮されている。

◆本書を読んで”いいね!”と思ったところ
・ファンページ運用のポイントを、ローカル型/通販型/個人ブランド型/法人ブランド型にわけて解説しているところ
・日本国内ではまだ少ない、ファンページ運用の事例を、海外のものを中心に15個もあつめているところ。
・ファンページへの集客方法に関する記述が充実しているところ
・フェイスブック広告に関する効果が、きちんと数値で検証されているところ

また、個人的に前から知りたかった「involver」(アプリ)の使い方、インサイトの中で計測できる”投稿の質”に関する記述も、大変参考になった。

拙いながらも、自分もファンページを運営しており(http://www.facebook.com/naichijp)、同じネタを投稿した場合でも、プロフィールページより、ファンページの方が”クリック数”が高いという現象を何度か経験している。ファンページの持つ力に大きな可能性を感じるとともに、個人が自分の趣味・興味に応じて、複数のファンページを運営する時代も近いのではないかと考えている。

そういった意味で、法人以外の人、ビジネス目的ではない人にも、非常に参考になる一冊ではないだろうか。
(元記事を開く)

評価:

書名:Facebookをビジネスに使う本
著者:熊坂仁美
出版社:ダイヤモンド社

レビュアー: naichi
本が好き! 2級
リアルタイム読書がモットーです。

【関連リンク】
『Facebookをビジネスに使う本』の詳しい書籍情報
naichiの書評一覧



http://news.livedoor.com/article/detail/5371985/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ミクシィ、Androidアプリ「ソーシャルフォン」をソフトバンクで先行提供
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000082-mycomj-sci

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-03-07 21:31 from -

トラックバック
Copyright © 副業で情報商材やアフィリエイトなどで稼ぐための~サラリーマンオヤジ日記~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます・fc2blog1